2018年08月30日 (木)

生き物観察実験 タコを解剖してみよう! 報告

8月7日(火)に大阪大学 理学研究科の古屋秀隆先生に講師としてお越しいただき、
生き物観察実験「タコを解剖してみよう!」を実施したよ。

先生から、タコの体のしくみについて、いろいろなことを教えてもらったんだ。

 

タコの体のしくみについて、古屋先生より解説いただきました

 

写真に書いたように、頭と思っていたのは、実は胴体だったんだね。
実はタコはヒトと違って、頭の上にすぐ足があるんだ。

古屋先生のお話の後、生きたタコを観察し、タコをさわると、タコが興奮して体の色が変わったりしたよ。

また、普段は見られない体のしくみを解剖して観察したんだ。
タコは運動量の多い筋肉にたくさんの酸素を送るため、心臓が合計で3つもあったんだ。

 

生きたタコを観察

 

実物のタコを解剖し、観察しました

 

参加したみんなも、時間がたつのも忘れて熱心に見入っていたね!
生き物の体のしくみを学んだ充実した時間だったね!



サイエンス・メイトの最新情報を掲載しています。
イベントのお知らせも掲載しています。






これまでの記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

archives

サイト内検索